こんにちは!東京都町田市に拠点を置き、バリアフリー化などのリフォーム工事、雨漏りの修理、ウッドデッキを設置する工事などを承っている株式会社守屋建築です!
住宅の床は一度張れば恒久的に使えるものではなく、経年に伴い劣化していってしまうものです。
そこで今回は、定期的な床の張り替えが必要な理由について、分かりやすくご紹介いたします。

床の経年劣化

床の工事
住宅の床は、利用しやすく長持ちする床にするためのさまざまな加工が施されています。
しかしそのような床も、時間の経過とともに木材が傷み、塗料の剥がれによる経年劣化は免れません。
摩耗した床は次第に軋んで音が鳴るようになったり、木材がたわんだり、踏んだときにふわふわと浮くような感触を感じるようになります。
これらの兆候が現れた床は経年劣化が進んでいるため、交換の目安が来ているといえるでしょう。

耐用年数はどれくらい?

住宅の床の、耐用年数の目安は、基本的に15年から20年ほどといわれています。
どんなに完璧に施工された床でも、上記の年数を迎える頃にはどこかに損耗が出ている可能性が高いため、目安の年数が経過した際には張り替えを行うのが望ましいでしょう。
また、目安となる年数が経過していない場合でも、環境によっては経年劣化の兆候が出始める場合もあります。
完全に痛み切っていない場合は、安価な工事で済ませられるケースもあるため、早めの対策を考えるのがおすすめです。

守屋建築へご相談ください!

お問い合わせ
守屋建築は東京都町田市を中心に、戸建てやマンション、アパートなどの住宅を中心とした多種多様な施工を手掛けています。
お客様のご要望にお応えすることを第一に考えており、優秀なスタッフたちの手によって最大限ご要望に沿った工事を行うのが弊社の特徴です。
床の張り替えや各種リフォームなどの暮らしやすさを向上させる施工も得意としており、QOLを大きく高めるお手伝いをいたします。
また、漠然とした住宅の暮らしやすさについてのお悩みなどをご相談いただければ、一緒に住まいの問題点を見つけ、最適なプランをご提案いたします。
無料でお見積もりを承っておりますので、お気軽にご連絡ください!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


株式会社守屋建築
〒195-0071 
東京都町田市金井ヶ丘2-29-14 フォーライフB 102号
TEL:042-860-4225
FAX:042-860-4226