こんにちは!
東京都町田市に拠点を構え、その近辺にてリフォーム工事業者としてご依頼を承っている株式会社守屋建築です。
一軒家、アパート、マンション、店舗などを対象に、ウッドデッキの設置工事や和室リフォーム、雨樋の掃除・メンテナンスなどさまざまなリフォーム工事を行っております。
「外壁塗装を行うべき劣化のサインって?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、外壁塗装を行うべき劣化のサインを5つ紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

1.色あせがある

外壁劣化
1つ目のサインは、色あせがある状態です。
外壁塗装当初の色味よりも色褪せている場合は、塗り替えを行った方がよいでしょう。
塗膜の劣化はそこまでひどいものではありませんが、今後耐久性が低下していくと考えられるため、事前に行っておくことをおすすめします。

2.チョーキングがある

2つ目のサインは、チョーキングです。
触ったときに白い粉がつく現象のことをチョーキング現象と呼びます。
こちらは、紫外線や直射日光により壁の表面が劣化していることを示すため、早めのメンテナンスを行うことが大切です。

3.塗膜の膨れ・剥離がある

3つ目のサインは、塗膜の膨れ・剥離があることです。
外壁の塗装が剥がれていることで、そこから外壁内部に雨水が侵入してひび割れを発生させる原因にもつながります。
塗膜が剥がれていることを察知した時点でメンテナンスを依頼するべきでしょう。

4.クラックがある

4つ目のサインはクラックです。
クラックとは、外壁のひび割れのことを指します。
大きなクラックが発生している場合は、そこから雨水が侵入して住宅の強度を低下させるため、早急なメンテナンスが必要となるでしょう。

5.シーリングの剥がれがある

5つ目のサインは、シーリングの剥がれがあることです。
サイディングボードの継ぎ目やサッシ廻りなど、シーリング部分が劣化して亀裂が発生していることもあるでしょう。
そういった部分から水が侵入し、住宅の劣化を引き起こすケースもあるため注意が必要です。

外壁塗装のご依頼をお待ちしています!

塗装工仕事
町田市の株式会社守屋建築では、雨樋の掃除やメンテナンスを受け付けています。
また、各種リフォームに携わっており、バリアフリー工事などにも対応できます。
本記事で紹介したような外壁の劣化症状がある場合は、弊社にご相談いただければうれしいです。
「どのような状態か見てほしい」などご相談も喜んでお待ちしているので、お気軽にお問い合わせいただければと思います!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


株式会社守屋建築
〒195-0071 
東京都町田市金井ヶ丘2-29-14 フォーライフB 102号
TEL:042-860-4225
FAX:042-860-4226

現場調査お見積り